意外と身近な病気、心臓病の原因とは

心臓病は現在、年齢や性別を問わず発症する可能性が高い病気となっています。そもそも心臓病は戦後より急激に増加した病気の一つであり、原因は食生活などの生活習慣から起きることが多いでしょう。特に1980年代からはファストフードや加工食品が充実するようになり、毎日の食生活が高カロリーになりがちですよね。また、生活が便利な時代になったものの、ストレスの多い社会現状や喫煙が原因で血管が硬くなり、血栓ができやすくなり、心臓病に至ることもありますよ。

実に様々な心臓病の病気

心臓病って一つの病気だと思っていませんか?実は心臓病にも様々な病名が存在し、数十種類もの病名があるのです。その中でも狭心症や心筋梗塞は心臓病の代表的な症状となり、両者とも胸の痛みを伴うのが特徴的です。また、コレステロールの高い食生活を続けるなどの生活習慣も直接の原因となっていますよ。これらの病気は自覚症状が出にくく、症状が進行しやすいため、健康診断での血液検査の結果が唯一の手がかりとなることでしょう。

これでおさらば心臓病の対策

心臓病は生命を維持する大切な器官に異常があるため、発症するととても怖い病気となります。心臓病への対策は、日々の食生活に気を配るなどの予防が大切です。例えば、バターや生クリーム、動物性脂肪などの常温でも固まる油はコレステロールが高く、心臓病の原因となりやすいので避けるべきことでしょう。食事で油を使う場合は、植物性のほうがコレステロールがあがりにくいですね。また、サバやイワシなどの青魚にはDHAが豊富に含まれており、心臓病の原因となる血栓を予防する働きがあります。

大動脈瘤は加齢による血管の弾力性の低下や血圧の上昇などで発症リスクが増大します。日頃から新陳代謝を活性化するように栄養摂取や運動に気を配ることで血管の状態を良好に保つことが出来ます。